2012年06月25日

Play that Funky Music - Wild Cherry

今晩わぁ〜♪

今日は、YAMATOが
初めてファンキー・ミュージックに挑んだ曲です。

この曲は、1975年に収録された曲ですが
1976年9月18日のビルボード・ホット・チャート100で
第1位となり、ホット・ソウル・シングルでも1位獲得。

ワイルド・チェリーは元々、ハードロックバンドでしたが
ディスコ・ブームの折、ドラム担当のRon Beitleが
楽屋で提案した言葉が、そのままタイトルとなって出来た曲です。

カテゴリーは、ファンク・ロックかな?

ワイルド・チェリーのアルバム『ワイルド・チェリー』に
収録されていますがシングル・カットでもリリースされています。

シングル・カットは、3分12秒ですが
アルバム・バージョンは5分間と長めです。

このシングルは、
米国内だけで250万枚を記録したことで
アメリカ・レコード産業協会から
ダブル・プラチナ・レコードとしての認定を受けています。

ビルボード誌のGreatest Songs of All Timeでは73位。

ジェームス・ブラウンをはじめバニラ・アイスがカバーしてますが
ジョージ・マイケルもツアーで歌っています。

新しいところでは、
2009年3月31日にアメリカン・アイドルで2位になった
アダム・ランバートが歌っています。

バニラ・アイスはこの曲をB面に録音しましたが
作曲者のRobert Parissiを明記しなかったことで
訴訟問題に発展し、作曲者が50万ドルで勝訴しました。

B面で目立たなかったのに
DJ達がA面よりもこのB面の曲を好んで流したことで
注目を集めたようです。

ワイルド・チェリーも元々、
コモドアーズのカバー曲をA面にして、
このPlay That Funky MusicをB面にする予定でしたが
レコード会社のオーナーが曲を聞いてA面にする様にと
提案したそうです。Good Job!でしたね!!








ランキングサイトに参加しています。
応援クリックをお願いします。
↓       ↓
 
にほんブログ村 フィリピンナイトライフ情報


posted by シュガー at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56688199

この記事へのトラックバック