2016年03月26日

Driven to Tears




1980年10月2日に発表されたザ・ポリスの
アルバムZenyatta Mondattaの中の一曲。スティングの作曲。

シングルカットはされていない曲ですが
ビルボードのロック部門で35位になりました。

政治色のあるテーマでスティングが初めて作曲し、
ザ・ポリスとして発表された曲で、
その後、同様に政治運動的な意味合いのある曲を
数多く発表しています。

この曲は富裕層と貧困層の格差をテーマとしたもので、
スティングが1979年に米国ツアーの際に
偶然、観たテレビ番組、ビアフラにおける飢餓の
子供達の状態に触発されて作曲したそうです。

タイトルのDriven to Tearsは文字通り、その番組を
観ていたスティングが感じたままのものであると本人が
説明していました。

疑問符を投げかけているが答が見出されていない歌です。

歌詞の一説に、人々は視聴するテレビを作るテクノロジーを
持ち合わせているのに餓死しそうな子供達への食べ物は無い
とあります。

スティングの誕生日、2011年10月1日にニューヨークの
the Beacon Theatreでポリスの大ファンだというロバート・
ダウニィ・ジュニアがスティングと共に、この曲を歌いました。
posted by シュガー at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月20日

SUBSTITUTE - WHO

WHOのSUBSTITUTEです。

恋のピンチ・ヒッター(Substitute)は、

イギリスのロックバンド、ザ・フーの楽曲。

1966年に4枚目のシングルとして

リリースされた(実質5枚目)。

作詞、作曲とプロデュースはピート・タウンゼント。

オリジナルアルバムには未収録。

前作までのプロデューサーだったシェル・タルミーと

決別し、タウンゼント自らプロデュースした最初の作品

である。全英2位を記録した「マイ・ジェネレーション」

に続き、全英5位につけるヒットとなった。

この曲はタウンゼントのデモ・テープから作った最初の

作品であった。

アコースティックギターが使用され、前作に比べ

キャッチーな曲調になっている。

人種問題に敏感なアメリカでは、

「俺は白人に見えるが俺の親父は黒人だ」という歌詞が

「俺は前に進もうとしてるのに足が後に向かう」

に変更されている。



posted by シュガー at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月19日

YAMATOの近況

久しぶりの投稿です。
シュガロンは既に幻のミュージック・ラウンジですが、
この店から育ったYAMATO(旧シュガロン・バンド)は
現在もマニラ首都圏で現役です。(^_^)v

3月17日(木)YAMATOは、
MOAにあるロードハウスの聖パトリック・デーを祝う
イベントに参加致しました。

その時に演奏した中の一曲、
ジミ・ヘンドリックスのFIREです。



本日、3月19日(土)YAMATOは、
The Roadhouse Manila Bayに出演致します。

今晩のショー開始時間は、国際花火大会が終わったあとですので
9時過ぎが1回目のステージで、1時間以上の長いステージが
2回でぇ〜〜す。

土曜日の夜、お暇な方は是非、お出かけ下さい。
特に早い時間は、プロモが色々ありますよ。

海辺側の花火鑑賞特等席は、最低500ペソの消費ルールです。
posted by シュガー at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記