2012年10月18日

TWIST & SHOUT - The Beatles

シュガロンのあったBFホームズに
ライブハウスが出来ました。

まだ1年に満たないのですが年内で閉鎖だそうです。

値段が高いせいか、お客さんがゼロの日が続いている。

うぅ〜〜〜ん、値段のせいかなぁ〜

オーナーさんは
シュガロンのお客さんだった高齢の女性。

この方は歌がお好きで、ずぅ〜っと歌いたい人。

さすが人の店では出来ないから
自分でミュージック・ラウンジをオープン。

毎晩、これでもかと歌われたら
おばさんのファン以外は、中々つらいですね。


ライブハウスは、バンドの支払いに経費がかかるので
ストリート・バンドじゃない限りは
多分、赤字経営になってしまいますから
継続が難しいんですねぇ〜

ドミンやダニーが頑張って出演していたそうですが
結局、力尽き果てた様です。

残念ですね。


お客さんは安さを求め、
出演者は高額ギャラを求め、
経営者はその狭間で唸っている・・・

そんな日々を思い出します。


YAMATOはシュガロン以外で仕事をするには
何としてもビートルズの曲をレパートリーに
多く取り入れなくてはなりません。(ジレンマ)


さて今回は、
1961年にトップノーツ、
1962年にアイズレー・ブラザーズがリリース。

ザ・ビートルズが1963年にカバーして
風邪気味と歌い過ぎで喉が枯れたジョンが歌ってますが
逆に良い味になっていますよね。

結局、テイクワンの録音が使用されたそうです。

ビートルズの初期はやはりロックンロールが多く、
このカバーも、オリジナルではないけれど
シグネチャー・チューンとして親しまれています。

モーガンさんのお陰で、
ビートルズの曲に取り掛かって、
今や35曲以上のビートルズ・ナンバーを
レパートリーにしています。

モーガンさん、いつか又、
ジャミングしましょうね!!(場所探さないと)







ランキングサイトに参加しています。
応援クリックをお願いします。
↓       ↓
 
にほんブログ村 フィリピンナイトライフ情報



posted by シュガー at 02:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記