2012年05月10日

ん?レディース・ナイトっ?

ブログを更新しようとしたら
お客様がぞろぞろぞろぉ〜〜〜〜とご来店。


あら?女性ばかりだわ。

昔、水曜日をレディス・ナイトにして
女性だけ飲み放題にしていたことがあったっけ・・・・


あぁ〜ボールルーム・ダンスですか・・・
金曜日なんですよぉ〜・・・ごめんなさぁ〜い。

え?貸切ですか?

無理無理、貸切は承っておりませんので・・・
ごめんなさい。

クラブ・ハウスのバスケットボール・コートに
行ってみたらどうですか?

商売っ気がないのねぇ〜

はい、もう殆ど商売してませんので・・・(^。^)y-.。o○


暇に慣れている私達は
お客さんが来ると落ち着かない。(笑)

ここはYAMATOの練習場と化しているので
コーヒー飲みながら
新曲の練習を聞くのが習慣になってしまってます。


近所3軒に押し入り強盗が入って以来、
シュガロンは入口に鍵をかけてます。


面倒になった・・・と思ったんだけど、
ちょうど!良いことに!会員制みたいになった!

入口で呼び鈴ブザーをピンポーンして頂く。

シュガロンで、のんびり遊んでいるお客様の安全も守られるし、
変な言いがかりをつける輩も回避。

フィリピン海軍や海兵隊のパーティくらいかな
安心して鍵をあけておけるのは・・・

シュガロンは、お陰様で非常に良いお客様に恵まれていますが
一部、ややこしいのも来る。

それはお客さんじゃない。お金も受け取らない。

因縁をつけるのも来るし、売春する女も来る。
ドラッグ・プッシャーも麻薬常習者も来る。

店を潰そうとする工作員も来る。


そういう連中はお客様とは見なしてませんし
はっきりと来ないで下さいと言います。

既に、何人かは出入り禁止になっております。

一人は拳銃を見せて他のお客さんを怖がらせる。
大手企業の幹部だった人。

その企業のお客様は、誰も来なくなっちゃった。

だから、自衛の為にも来ないで下さいになるんです。

文句をだらだら言い続ける人も
そんなにお厭なら来ないでねってことです。

まぁっ!客商売にあるまじき態度!と
眉をひそめている貴方!

もう少し踏み込んで考えて下さい。

他の大切なお客様を守るためには
誰でもウェルカムすべきではないのです。

喉から手が出るほどに売り上げが欲しくても
THE GAMAN!我慢しているんです。

客層を維持するために値上げしたらという提案も
頂いておりますが、お手頃料金も目指すところです。

特に真夜中まで営業しているので
危機管理は重要なポイントです。


私は自分が厭だなと思った店には
何も文句を言いません。

ただ二度と行かないだけです。


みんな、それなりに頑張っているんでしょうから
足を引っ張るのは良くないし、卑怯者のすること。

客の入りで経営者が学習すればいいことなんです。


シュガロンは、
生計を立てる為に運営している店ではありません。

だから、ちょっと風変りなのかもしれません。


最後に繰り返しますが、「嫌なら来るな!」の方針は
私がお棺に入るまで続きますので、あしからず。

たまに、ふらっと立ち寄りたいなぁ〜
と思う方だけを歓迎致します。

どうぞお気軽に遊びに来て下さい。





ランキングサイトに参加しています。
応援クリックをお願いします。
↓       ↓
 
にほんブログ村 フィリピンナイトライフ情報


posted by シュガー at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

トリオかカルテットか?

YAMATOのレパートリーも増えてきたところで
現在のトリオからカルテットにしようかという話が出た。

出たけど、反対意見もある。

トリオのままでいきたい。

クリームやクィーン、ツェッペリン・・・
ジミヘンとかも、トリオです。

強力ボーカリストの有無は別として
楽器はトリオですね。

そのあたりを目指しているならトリオだけど
ピンク・フロイドとか、シカゴをするとなると
YAMATOのメンバーは管楽器も出来るけど
そればかりを演奏している分けにもいかず、
人数を増やすか、キーボードを導入するか・・・・


もう喧々諤々で・・・・へとへと・・・

真夜中に大声で喋るんじゃないっ!!と
ご近所から苦情がきそうです。


トリオだと、一人が病欠すると
さぁ〜大変!!ということも懸念材料です。


結局、結論がでないまま、
討論会で、息切れしただけでした。


皆様はどう思われますか?ご意見を伺いたいです。




ランキングサイトに参加しています。
応援クリックをお願いします。
↓       ↓
 
にほんブログ村 フィリピンナイトライフ情報


posted by シュガー at 03:27| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記