2012年03月10日

どっちが嘘つき?

昨日は、ボールルーム・ダンスの日でしたが
女性客が多くなりそうでしたので
ジョニーに仲間を呼んでもらいました。

新しいライティングもセットして
少しはダンス・ホールなってきました(笑)

皆さまも楽しそうに踊って、食べて・・・

飲む方は少なかったですねぇ〜


お客様はいつも帰る時にDIにチップをあげます。

それが彼らのインカム。


そして、私にささやきます。いくら、あげたと。


今まで、ジョニーは金銭に非常にきれいで
チップが妥当に集まれば
こちらが約束した交通費もいらないという。

マイケルとダイアンにもお裾分けします。


そのジョニーが、今日は100ペソしか無いと
ガッカリしてロニーに相談。

じゃあ、シュガロンから日当を払ってあげよう。

でもね、お客様の話だと
その数倍の金額をもらったことになってます。


そこでミーティング。

先に帰宅したお友達のお客様にも電話で
確認してもらったけど
200ペソあげたと言い張っているという。


もうお金の問題は、本当にいやですねぇ〜


結局、DIのジャヤ君が怒りと涙の中で
お客様のお友達に、ここに来てもらって下さい。
そして、私達の目の前で、一人に200ペソずつを
あげたって言ってもらってください。

うぅ〜〜ん、そこまで言えればねぇ〜


お客様の友達が嘘つきなんだわね。


実は、この嘘つき女には前科があるんです。

前に250ペソのパーティ券を売って
パーティをしたお客様がいたのですが、
この嘘つき女は、
人々に500ペソも払わされたと言いふらして
シュガロンは、高いから二度と行かないと言う。


はい、もう来なくていいんですけど
嘘はやめましょうね。

そのパーティ券には
ちゃんと金額が提示されてましたよ。

250ペソと記載されているパーティ券を
500ペソで買う馬鹿はいません。

2枚買ったんじゃないの?



アラバン・ヒルズの高級住宅地に住む中流家庭の方。
性根が卑しい人ですね。


定職につけずにダンスの相手をして
生計を立てているDI達の尊厳を踏みにじる
とんでもないクソ婆あです。


常連のお客様も恥をかいたと怒ってました。

・・・どうやって
友達関係を維持しているのか・・・?


変な人が多いです、ほんと。





ランキングサイトに参加しています。
応援クリックをお願いします。
↓       ↓
 
にほんブログ村 フィリピンナイトライフ情報


posted by シュガー at 17:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記